弁護士の仕事は、こんなにやりがいにあふれている!

弁護士の仕事は、こんなにやりがいにあふれている!

2018/04/02

20180402column.jpg

「競争が激化」「収入源」「人工知能に仕事を奪われる」など、弁護士という職業に対して、ネガティブな報道が増えてきています。希望を持ってこの道を選んだはずなのに、1年先、1カ月先の未来が見えない不安にさいなまれる人もいるかもしれません。弁護士業務に、魅力ややりがいは本当に見いだせないものでしょうか。

富裕層から犯罪者まで、幅広い層の人々に会える

「人間が好き」な人にとって、弁護士ほど魅力ややりがいを感じられる仕事はないでしょう。
政治家や著名人、資産家のような層から、破産者や刑事裁判の被告人、反社会的勢力まで、その働き方次第で、非常に振れ幅の大きな人付き合いができます。
守秘義務がありますので、あまり他人に堂々と自慢できることは少ないかもしれませんが、きっと人生に刺激や彩りを添えてくれるはずです。

法治国家において、法律は社会の様々な場面で関係し、驚くほど隅々にまで浸透しています。法を切り口にして、弁護士は多様なコミュニティと触れ合えますし、仕事を通じて、どんな人の味方にでもなれるのです。
社会のトラブルを解決へと向かわせるため、人と人の関係の間に入り、調整役を買って出る任務です。かつて、元日本弁護士連合会会長の中坊公平弁護士は、自らの業界を「社会のドブさらい」だと自嘲気味に語ったことがあります。
政治や経済が上水道なら、人間の衝突や暗部が垣間見える司法は、社会の下水道といえるのかもしれません。しかし、下水道の詰まりを直すドブさらい役がいなければ、世の中は決して回っていきません。
むしろ、「自分がここで動いたからこそ、事態が解決に向かった」と、世の中の役に立てることがやりがいとなっていくのではないでしょうか。ベストを尽くして仕事をしていれば、依頼人に感謝されて、それが収益と仕事におけるやりがいに繋がるのですから、これほど幸せな職業もなかなかないでしょう。
たとえ長時間労働になろうとも、自分の責任や裁量で仕事を進められて、心からやりがいを実感できるのであれば、それは「過労」にはなりえません。

まずは転職エージェントに無料相談する

弁護士は「ヒーロー」「ヒロイン」になれる

「人助けをしたい」人にとって、弁護士はとてもやりがいを感じられる職業であるともいえます。
颯爽と駆けつけて敵をやっつけるドラマやアニメの主人公に憧れたことはありませんか?

あまり大っぴらに他人にいえば嫌がられてしまうかもしれませんが、人には、困っている他人を助けることに大きなやりがいを感じる弁護士もいます。どこかの地域が大きな災害に遭えば、少しでも義援金を送って助けたくなるのも、そういった「ヒーロー願望」が影響の一つかもしれません。

まずは転職エージェントに無料相談する

弁護士の仕事には、まるでパズルを解くような興奮がある

20180402column-2.png

 「論理的思考が得意」「ミステリーが好き」な人にとって、弁護士ほど面白い職業はないでしょう。
現実社会でロジックが通用する領域は、世の中では限られています。一般的な仕事であれば、新人は新人というだけで、筋の通った正当な意見が通らないことが充分にありえます。しかし、法律家はベテランも新人も対等です。法律や判例から導き出される結論が論理的に優れていれば、新人の意見が全面的に採用されることもありうる世界なのです。

また、数少ない証拠(ヒント)から、まるで謎を解くように、事件の全貌をあばくことができるというのをやりがいに感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
法律は社会の隅々にまで浸透していますから、クイズや雑学が得意な人はその知識を、好奇心が旺盛な人はその性格を仕事で存分に活かせることができ、やりがいを持って案件に取り組むことができるのではないかと思います。

まずは転職エージェントに無料相談する

あらゆる「力」から独立して仕事ができる

弁護士は、企業や役所の中で仕事をする組織内弁護士(任期付き公務員)という働き方もできます。これはこれで、世の中を動かしうる大きな決断やプロジェクトに法的に関われる醍醐味があります。
しかし、様々な大きな力から独立し、自由に仕事をできるのは、弁護士という国家資格の特権とも言えるでしょう。
弁護士という業界は、弁護士法で最低限の規制がなされてはいますが、監督官庁はありません。日弁連や各地方の弁護士会が「自治」を行うことによって、自分たちで規律を作り上げています。高額の弁護士会費やボランティア的な会務への参加など、一定の「自由のコスト」は払わなければなりませんが、いざとなれば巨大な権力にも堂々と立ち向かえる、真の意味の「フリーランス」、それが弁護士という職業です。

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

「弱きを助け、強きをくじく」弁護士に憧れる人は多いですが、なりたくてもなれない人もいます。立場の弱い人々に力を貸せる、そうしたやりがいのある魅力的な職業に就けた喜びと誇りを胸に、ぜひ存分に働いていただきたいと願います。

まずは転職エージェントに無料相談する

【オススメの転職成功事例】
30代女性弁護士。やりがいも、ワークライフバランスも重視したい!

【おすすめ記事】
弁護士は大変?激務だと思われているけど、就労規則が整っている事務所とは
弁護士は、土日休みなのか?休日出勤はないのか?大事な休日について
4月から弁護士になってつらいと思っているあなたへ ベテラン弁護士が新人弁護士に伝えたいこと

<参考>
アダジオ法律事務所-弁護士という仕事の魅力
・「神奈川ロージャーナル」第10号 弁護士ほど楽しい仕事はない!(三浦修)
・「NIBEN FRONTIER」2018年1・2月合併号 弁護士ほど心躍る魅力的な職業はない (山田秀雄)

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。